*

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」

公開日: :

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」

広告

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」をご紹介します。
梅干の色づけに欠かせない赤しそは、6月から7月頃に出回ります。
梅干にしそを入れるのは、梅を赤く染めるためだけではないということをご存知でしたか?
しそには、腐食を防止する効果や、食中毒を予防する作用があるのです。
自然の「着色料」赤しその食効をご紹介しましょう。

しそには、青じそと赤しその2つがある

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤じそ」
しそは中国が原産といわれ、大きく分けると青じそと赤しその2つがあります。
それぞれ、葉がちりめん状になるものと、そうでないものがあります。

漢方薬で使うのは紫色の赤しそ

東洋医学では、紫色の赤しそが漢方薬の素材として使われています。
薬用の蘇葉(そよう)はふつう、赤しその「ちりめんじそ」の葉を乾燥させたものです。
蘇葉には発汗や解熱作用のほか、痰きり、消化促進、精神安定などの効果があります。
妊娠中毒や流産・早産予防にも使われます。
日本の野菜のなかでは、もっとも古い野菜の1つで、10世紀末に記された『延喜式(えんぎしき)』にすでに「朝廷で栽培されていた」という記録があります。香りのいい咳止めの妙薬として、古くから知られていたようです。

「魚毒をころす」と古い文献にも登場

1697(元禄10)年に出版された『農業全書』には、しそのことが次のように書かれています。
「是に二色あり。葉ちヾみて、裏表なく色のこきをうゆべし。ちヾまずして、葉のうら青きは作るべからず。(中略)四五月葉をつみて、梅漬、其外塩醤みそにつけ、羹(あつもの)、ひやしる種々料理多し。生魚(なまうお)に加ゆれば魚毒(ぎょどく)をころす。」
=しそには2種類あるが、葉がちぢんで裏・表とも紫色の濃いものを植えたほうがよい。葉がちぢまないで葉の裏が青いものは作ってはいけない。(中略)4、5月ごろ葉を摘んで、梅漬けにしたり、そのほか塩漬け、味噌漬けにしたり、吸い物やひやしる(味噌を水で溶き、ご飯にかけて食べる汁)にしたり、料理の方法もいろいろある。生魚にしそを添えると、魚毒を消すという。
現在でも、お刺身と一緒にしそが出てきますが、こうした理由があるからなのですね。

しそ梅干はダブル殺菌効果

1804(文化1)年出版の『成形図説(せいけいずせつ)』には、「表裏紫色のちりめんじそは梅漬薬用に用ゆ」とあり、江戸時代後期にはすでに、しそ梅干が考案されていたことがわかります。
魚の毒を消すしそと、殺菌作用の強い梅の組み合わせは、昔の人の知恵がうみ出した傑作の1つです。

いい香りには防腐作用も

特有の香りの主成分はペリラアルデヒドで、香りとともに強力な防腐作用があります。

赤しそ特有の着色作用

梅干やショウガがきれいな紅色に染まるのは、赤しそに含まれるアントシアンという色素が、梅の有機酸と出合うと鮮やかに赤く発色するからです。

ビタミンAの宝庫

成分ではとくにビタミンA(カロチン)が100g中11000μgと驚くほど多く、ニンジン(同・9100μg)よりも豊富に含まれています。
ビタミンB群やC、Eも多く、ミネラルではカルシウムや鉄分、亜鉛などを多く含んでいます。

しそには解熱作用がある

発・解熱作用とともに、悪心や吐き気を改善する働きもあるので、体力や胃腸の弱い人のカゼにも有効です。
葉を粗く刻んで熱湯を注ぎ、ショウガ汁を加えたしそ湯は、カゼのひきはじめにおすすめです

「紫蘇」の名前の由来

しそは「紫蘇」と書きますが、なぜこのような感じが当てられているかご存知でしょうか。
昔、中国で少年がカニの食べ過ぎで食中毒を起こし、瀕死の状態になっていました。
ある名医が紫色の葉を与えたところ、少年が元気をとり戻した(蘇った)ことから、「紫蘇(しそ)」と名づけられました。
以来、カニや刺し身など生で食べる料理には、食中毒を起こさないように、しその葉を添えるようになりました。

赤しそを美味しく食べるなら、やっぱりこれ

赤しそジュース


赤しその栄養素を手軽に、おいしくいただける、子どもも大好きな赤しそジュースです。
大分県産 紫蘇 (しそ)ジュース

梅酢


醤油はやめて梅酢に!
減塩はさておき、栄養満点、美味しさ100点でしょう。
ムソー 有機梅酢〈赤〉 200ml

ゆかり


これ以上においしいふりかけを、私は知らない。
三島 ゆかり 200g

広告

他の方もお役に立てそうでしたらシェアしていただけるとうれしいです!

関連記事

カロリーゼロで食物繊維だらけの健康食品「寒天」

寒天は冬につくられます。 しかし、使う機会が増えるのは圧倒的に夏ですよね。 水ようかんやみつ豆、

記事を読む

生活習慣病を予防するタウリンがたっぷり!その名はハマグリ

色も形も風味もよいハマグリ。 5歳の息子も大好きです。 寒くなる12〜3月が旬ですよね。 ハマ

記事を読む

美しく健康になれること間違いなし!五穀を食べれば健康になるわけ

突然ですが、「五穀(ごこく)」をご存知ですか。 五穀の定義は時代や地方によって多少違いますが、日本

記事を読む

安くて美味しくて栄養満点の食材!その名は「おから」

「おから」。 最近、めっきり見かけなくなりました。 いったいどこへ。 豆腐屋さんが近所にないか

記事を読む

生活習慣病を防ぐ栄養素がたっぷりの海藻!その名は「昆布」11月15日は昆布の日

11月15日は「昆布の日」というのをご存知でしたか? 子どもたちの健康と成長を祝う七五三の日に、栄

記事を読む

胃腸の働きを活発にし肌のツヤとハリをよくする味覚!その名は「里芋(さといも)」

山野に自生する芋だから「山芋(やまいも)」。 一方、里で栽培されるので「里芋(さといも)」と呼ばれ

記事を読む

ダイエットだけじゃない!コンニャクのグルコマンナンがパワーの秘密

5月29日が何の日かご存知ですか? よくある語呂合わせです。 5=コン、2=ニャ、9=ク、そう「

記事を読む

パワーをつけてくれる野菜!その名は「ニンニク」匂いの元「アリシン」がそのヒミツ

ニンニクの旬はいつかご存知ですか? それは7〜8月!  夏の暑い日に、ニンニクをつかった料理をた

記事を読む

大豆タンパク・サポニン・レシチンで若返る!大豆パワーは改めてすごい!!

古来から親しまれてきた食材であり、味噌や醤油といった和食の味つけの「立役者」も、もとをただせば大豆で

記事を読む

おせち料理に欠かせない子孫繁栄の象徴「くわい」はタンパク質が豊富

12月が旬ということもあり、お節料理に欠かせない縁起物の野菜、くわい。 くちばし状の芽が伸びている

記事を読む

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

広告

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」
防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」

防腐効果や食中毒を予防する作用がある自然の着色料「赤しそ」をご紹介しま

効果があるのに簡単!夏バテ解消法

効果があるのに簡単!夏バテ解消法をご紹介します。 といっても、夏バテ

カロリーゼロで食物繊維だらけの健康食品「寒天」

寒天は冬につくられます。 しかし、使う機会が増えるのは圧倒的に夏です

ダイエットだけじゃない!コンニャクのグルコマンナンがパワーの秘密

5月29日が何の日かご存知ですか? よくある語呂合わせです。 5=

美しく健康になれること間違いなし!五穀を食べれば健康になるわけ

突然ですが、「五穀(ごこく)」をご存知ですか。 五穀の定義は時代や地

→もっと見る

PAGE TOP ↑